胎内市奥胎内市トチの木


COMPANY
私たちの社会貢献

塗装業界が出来る社会貢献はVOC対策

環境問題はCO2だけではなく、
光化学スモッグの原因であるVOC(揮発性有機化合物)
の削減も急務なのです。

新発田市ニ王子神社 登龍杉

地球温暖化やオゾン層の破壊など、地球の環境問題は日々深刻化しています。地球環境問題を考える上でVOCの存在を忘れることはできません。
VOCとは、揮発性有機化合物のことで、塗装で用いられる塗料、洗浄するときの溶剤等に含まれます。
VOC(volatile organic compounds)とは、蒸発しやすく大気中で気体となる有機化合物の総称で浮遊粒子状物質や光化学スモッグの原因物質の一つです。昭和40年代に「光化学スモッグ」が大きな社会問題となりましたが、近年ふたたび増加の傾向にあるのです。

光化学スモッグが発生すると
「目がチカチカする」「のどの痛み」「手足のしびれ」
などの症状を引き起こす場合があります。

このVOC排出量の40%は有機溶剤が原因とされており、排出を削減していくためには現在多くの塗料に使用されている「有機溶剤系塗料」から、VOCを含まない「水系塗料」へ切りかえることが重要だと言われております。SDGsの「12つくる責任つかう責任」「13気候変動に具体的な対策を」をかかげ持続可能な社会をめざす私たち新井田塗装店は環境に優しい水系塗料の使用を進めていきます。

建築工事での水系塗料の割合がここまで高くなりました

社団法人日本塗装工業会(以下「日塗装」という)の統計では、建築塗装工事の約3/4が塗り替え工事で、塗り替え工事は生活する場での塗装が中心です。
近年、生活者の視点は環境問題や健康問題に向いており、使用される塗料への関心はますます高まってきています。そのため、日塗装では戸建て住宅リフォームサービスシステム」を運営し、施工マニュアルを標準化していますが、この中では使用塗料は水系塗料を主体としています。
そして、溶剤系塗料を使用することが多かった外壁塗装では、水系化が進んでいます。

私達、株式会社新井田塗装店では、VOC対策を徹底し、溶剤から水性塗料への使用拡大に挑戦して参ります!

© 2022 株式会社新井田塗装店|プロタイムズ新発田店